自己流ダイエットはもう終わり!大阪のダイエット施設へ

ダイエット外来

豚

近年、ダイエット外来というものが増えているのをご存知でしょうか。
ダイエット外来とは、病院に設けられた痩せることを目的としている外来科目です。ここでは、医師の指導のもとにダイエットが行われています。
肥満外来、またはメディカルダイエットと呼ばれることもあります。

ダイエット外来は、大きな総合病院や内科病院内に設置されていることが多いです。
医師の診察や検査をした上で、個人に適したダイエットプログラムを作成してもらうというのが主な内容です。
プログラムを実践している最中にも、診察や検査を定期的に行い、プログラムの見直しや変更などサポートをしてもらえます。

病院でのダイエットの際に用いられる方法としては、食事療法や運動療法、投薬、外科的療法があります。
食事療法は、診察でヒアリングしたその人の食生活や生活習慣、体質や肥満度などを考慮した上で、どのような食事メニューがダイエットのために有効かなどを指導してもらえます。
ダイエットしたいがどのような食事をしたらいいのかわからないという人には心強いサポートとなるのではないでしょうか。
運動療法では、その人の体質などを考慮して、適切な運動メニューを考案してもらえます。
自己流の無理な運動は、ケガの原因やストレスの原因になりがちですが、病院で指導された無理なく効果的にできる運動であれば、取り組みやすいのではないでしょうか。

また、病院でのダイエットのメリットとして、痩せるためのクスリを処方してもらえるという点があげられます。もちろん、全ての人がクスリを処方してもらえるわけではありません。
一定以上の肥満の人の場合、食事療法や運動療法と合わせて、クスリが処方されます。
病院で処方されるやせ薬は、サノレックスやゼニカルというものです。
サノレックスは、厚労省に認可されているクスリで、脳内の食欲中枢に働きかけることで食欲を抑制するものです。食べたいという気持ちがなくなるので、空腹を感じにくくなり、ストレスを感じることなく痩せることができます。ただし、このクスリは、BM35以上の高度肥満の人にのみ処方が許可されています。
このクスリを飲むことで、新陳代謝をアップさせる効果もあります。ですから、サノレックスの服用と運動療法を組み合わせて行うことで効果がより出やすくなります。
もう一つ、病院でやせ薬として使われているのがゼニカルというクスリです。
これは、アメリカのダイエット外来では広く用いられているクスリで、食事に含まれる脂肪分を体内に吸収させずにそのまま体外に排出させる効果があります。そのため、食事をしてもカロリーや脂肪分を大幅にカットしてくれます。
ただし、すでに身体についている脂肪に対しては作用しません。